真田ナオキさんの3rdシングル、「酔いのブルース」が2018年9月12日(水)に発売されました!


以前から気になっている方だったので、キャンペーンに行ってきましたよ(^^)


酔いのブルース/湘南海岸









キャンペーン開催概要

 
2018年9月24日(祝・月)に、愛知県清須市の「ヨシヅヤ清州店」にて12時30分から開催されました。

この店舗は中心が1階から3階まで吹き抜けになっており、1階のキャンペーン会場すぐ隣ではセール品も販売中でした。


同じ日の16時からは、一宮市にある「テラスウォーク一宮」でも真田ナオキさんのキャンペーンの予定が入っていたので、当日は2会場を掛け持ちというファンの方もたくさんいらっしゃいましたよ。


22日から24日までは全て東海地方のキャンペーンで、かつ2~3カ所を同じ日にまわっていた真田ナオキさん。

ご本人のブログによると、23日はキャンペーン会場移動の際、大渋滞に巻き込まれ約30分遅れてしまったとか。

かなり遅れてしまったのに、皆さん温かく迎えてくださり感謝、と書かれていました。


ヨシヅヤ清州店へのアクセス(公共交通機関)

 
JRと名鉄、どちらで行こうか迷いましたが、地図上では若干近くに見えるJRで行きました。

最寄りは清州駅で、普通電車しか停車せず本数も少ないのですが、名古屋駅から2駅の為、それほど遠くは感じませんでした。


が!!


清州駅で下車したあと、最短ルートで行こうと入り組んだ住宅街を通った為、道が途中でわからなくなり、店舗まで辿り着くのに30分ぐらいかかりました・・・。


ちょっと遠回りになりますが、大きな道を選んだ方が確実だったと実感。

キャンペーン会場には、開始10分前の到着とギリギリになってしまいました。
 

特典会参加条件と写真撮影


CDを購入するとサイン色紙がもらえ、2ショット撮影が可能です!


サイン色紙には名前を入れてもらえるので、特典会の参加券の裏に、書いてもらいたい名前をその場で記入しました。


CDの購入枚数によっては、ポスターがもらえる特典もありましたよ。

そしてCD1枚につき、3種類の生写真から好きなものを1枚もらえるという、大サービス!

これはとっても嬉しいですね。


歌唱中の写真撮影が可能かどうか、マネージャーさん(らしき人)にお聞きしたところ、出来るだけMC中にお願いします、との事でしたので、歌っている姿は3枚程度にとどめておきました。


セットリスト


 1.酔いのブルース
 2.HAMAでダンスを
 3.酔歌
 4.あなたのブルース
 5.湘南海岸
 6.酔いのブルース


酔いのブルース スペシャル盤(リミックス・リマスターバージョン)



酔歌は私が大好きな曲なので、思わず「おぉっ!」と声をあげてしまいました(汗)

このキャンペーンで初めて知ったのですが、真田ナオキさんの師匠は吉幾三さんだそうで、新曲の「酔いのブルース」も作詞・作曲を手がけていらっしゃいます。


会場の前から3列目ぐらいまでは、手作りのうちわやペンライトで応援しているファンの方がたくさんいらっしゃいました。

2曲目では、何とステージを降りてお客さんと握手をしてまわるラウンドがあり、私もバッチリ握手が出来ました!


サイン会と2ショット撮影


歌唱終了後は、まず先にサイン会が行われました。

ステージの向かって左側に並んだのですが、長蛇の列!

私は初めて間近で拝見するナオキさんが、あまりにもイケメンすぎるので、ものすごくドキドキしながら待っていました(汗)


ついに自分の番がきた時は緊張のマックスで、何を話していいのかわからず、とりあえず「初めまして」と挨拶をしました。

ナオキさんに、「地元の方ですか?」と聞かれテンパり、「全然ちがいますっ!」と言ってしまいました・・・。もっと他に良い返しはなかったのかと反省・・・まるで中学生のようですね(笑)


サインをいただき、3種類の生写真の中から好きなものを選んで、今度は2ショット撮影の列に移動です。


 CDを何枚も購入する方がたくさんいらっしゃったので、ポスターのサインなどにも時間がかかり、サインを全て書き終えたのは40分ぐらい経ってからでした。

撮影の際、私はカバンをステージのすみっこに置かせていただいたのですが、それを見ていたナオキさんから、


「僕もあのカバンの黒を持ってます!」


と言われ、めっちゃ嬉しかったです!

お揃いですね~」と楽しく会話をかわす事が出来ました。




まとめ

 
終始ニコニコしながら手を振ってくれたり、カメラを向けるとポーズをとってくれたりと、とっても優しいナオキさん。

目が優しくて横顔もキレイで、本当にカッコ良かったです!


こんなにイケメンなのに、靴下を履いていない事をラウンド中にファンから聞かれ、


「そこのバーゲンコーナーで買っていこうと思いまして」


と冗談も言って気さくな方だな~、と感じました。


2ショット撮影が終わったあとも、客席をまわって皆さんと握手をするサービスぶり。


スリムでスタイルも良くスラッとしているのに、どこからあんなパンチの効いた声が出るのか不思議です。

ご本人は、「声だけを聴くと、50代みたいだとよく言われます」と冗談めかしておっしゃっていましたが、とても爽やかで素敵な方でした。



ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村